リラクゼーション系の墨田区出張マッサージは助かる

最近では出張マッサージはただ単に整体師による出張マッサージだけではなく、リラクゼーションの方の出張マッサージサービスも行われていますので助かります。

何が助かるのかと言いますと、エステサロンに行かなくともエステティシャンによるマッサージが受けられる点が助かるのですよね。だって、エステティックサロンともなりますと、やっぱり人目が気になるじゃないですか。

オブラートに包まずに言えば、私は太めなものですから。ですからキレイな人たちがさらにキレイになるために通うエステティックサロンに、私のようなデブが来客すること自体、なかなかハードルが高いことなんですよ。

けれどもリゾートホテルなどでも受けることができるエステティックマッサージは好きですからね。ですから自分へのご褒美としても、エステティックマッサージを年に数回は受けたいわけです。

けれどもエステティックサロンに行くのは足が重い…と、そんな時に利用するのが出張マッサージというわけですので。だって、出張マッサージでしたら当たり前ですが、人目を気にしなくていいですからね。当たり前ですが、他のお客さんはいないわけですから。

ですから誰を気にすることなく、マッサージが受けられるというわけです。そのような事情で出張マッサージを利用している人もいるということで。

今も残る歴史的な名所

隅田川が流れる墨田区には歴史的な建造物が今も残ってます。
その1つが墨田区横綱にある旧安田庭園です。江戸時代に造られた当時は隅田川の水を引いた潮入回遊式庭園でした。明治33年には、安田財閥を築いた安田善次郎がこの敷地を購入しました。その後関東大震災で壊滅的な被害を受けましたが、安田氏から邸宅を寄贈されていた東京都が復元を行い、市民にその門を開きました。現在は墨田区の管理のもと、地下に作った水槽から水を引いて人工的に干満を作っています。
そして歴史好きな人が思いを馳せられる場所の1つが、両国にある吉良上野介屋敷跡でしょう。小説やドラマで幾度も描かれた赤穂浪士の討ち入りが起こった現場です。実際に吉良家の上屋敷となっていた期間は1年半足らずだったといいますが、現在も残されている100m2ほどの小さな本所松坂町公園の中には吉良首洗い井戸や松坂稲荷があります。
墨田区では毎年12月14日の討ち入りの日には、赤穂浪士と吉良家の家臣両方を供養する為、地元の人々で構成される義士会による義士祭と、吉良祭が開催されています。

ホームに戻る